阿波踊りの有名連「独楽連」

「独楽(こま)連」は、徳島県阿波踊り協会に所属している有名連です。
ホームページを見てみると、創立は1961年(昭和36年)で連員は約90人です。
連の名前は連長を軸にした独楽のように、男踊りは威勢よく女踊りは優雅に回るという意味から付きました。
400年の歴史がある伝統芸能・阿波踊りは、昨今踊り方から隊列に至るまで随分様変わりしてきました。
そんな中「独楽連」は、昭和36年の結成以来「正調阿波踊り」をスローガンに伝統を守って踊っています。
そして国内はもちろん、外国でも活動するなど世界中の人に阿波踊りを知ってもらい、歓迎されています。
パワフルな男踊り、洗練された女はっぴ踊り、奥ゆかしい女踊り、元気なちびっこ踊り。
時は流れど、「独楽連」は伝統を守った正調阿波踊りを続けていきたいと考えています。
男踊りは、手を上下左右に大きく振ってダイナミックに踊ります。
テンポが速くなると飛んだり跳ねたりして緩急自在に踊り、自分なりのうちわさばきで個性を見せつけます。
女踊りは軽い前傾姿勢で、なるべく直立に構えます。
リズムは体全部で、足は膝から下を蹴り上げ、手は全部の指をなめらかに動かしつつ顔は笑顔です。