海外製のホワイトニング歯磨き粉

日本のホワイトニング用歯磨き粉の役割は、歯に付いている汚れやステインを落とすというものです。
しかし米国製のホワイトニング用過磨き粉の役割は、日本のものとは異なっています。
どんな点が異なっているのでしょうか?

根本的にホワイトニングの方法が異なっているので、注意しなければなりません。
歯医者さんで行うホワイトニングには、漂白剤である過酸化水素や過酸化尿素がつかわれますが、日本で販売されているホワイトング用歯磨き粉には、これらの成分は一切入っていません。

しかし米国製のホワイトニング用歯磨き粉には、過酸化水素や過酸化尿素成分が配合されているため、使用には注意が必要になるでしょう。
過酸化水素は劇薬に含まれることもあるため、人によっては米国製のホワイトニング歯磨き粉を使用すると、歯が痛いと感じる方もいます。

確かに、米国製を使うことで、歯の色に関係なく歯を白くすることも可能になるため、使ってみたいと感じるかもしれませんが、まずは歯医者さんに行って過酸化水素への耐性などをチェックしてからの方が無難と言えるでしょう。