麻酔にこだわる坂出の歯医者

皆さんは歯医者さんのどこが嫌でしょうか?
このように聞かれるとほとんどの方は、痛いから嫌いという返答をされます。
たしかに歯医者というと痛いというイメージがあるので、子供は特に歯医者さんにいくのを嫌がるものです。
しかし痛みの原因はどこにあるのでしょうか?

ちょっと疑問に感じるのは、治療をする時には麻酔を使っているのではないでしょうか?
しかし歯医者では痛いという気持ちになります。
ここに痛みを軽くするという秘訣があります。
坂出の歯医者さん「あきやま歯科」では、患者さんが少しでも痛みを感じることがないように麻酔に工夫をしています。

麻酔をする時には、基本的に針を刺して麻酔液を注入していきます。
ここで大きな痛みが発生することになります。
ですからこの歯医者さんでは、まず針を刺す前に表面麻酔をして針の痛みを軽減しています。
また麻酔を注入するスピードも重要で、電動麻酔器を使用することが、注入時の痛みの軽減になります。
さらに非常に細い針を使うことでも痛みの軽減になります。
こうしたすべての工夫を取り入れているのが、このあきやま歯科になります。